化粧品・コスメでスキンケアをして素肌美人を目指す本格美容ブログ

知っていそうで知らない美容に関することを分かりやすく紹介。化粧品業界にいるからこそ知っている情報を発信中。

MENU

肌のシミの種類にはどんなものがあるの?またそのケア方法とは?

スポンサーリンク

シミの種類とケア方法

前回ブログでシミに対しての質問に答えたところシミについてもう少し知りたいという声を頂きました。そこで今回はシミの種類、そしてその予防法について紹介していきたいと思います。ちなみに前回のシミに対する質問の内容について気になる方は下記のURLより確認できます。

f:id:suhadabijinn:20180502233656j:plain

老人性色素斑

f:id:suhadabijinn:20180502234101j:plain

シミの中でもっとも多いタイプで日焼けの積み重ねによって出来たシミです。40歳前後になると急にシミが増えたと感じる方がいますが、それはこの色素斑が少しずつ蓄積され、ある日を境に突然現れたように感じるからです。出来始めは薄い茶色ですが、少しずつ濃くなっていきます。

予防方法

予防は毎日のUVケアが重要になってきます。外出時は肌への負担の少ないパウダーファンデーション。レジャー時にはSPF値の高いファンデーションや日焼け止め化粧品を使用したりと使い分けうことも大切です。

出来てしまったシミへのケア方法

極々初期段階のシミであれば美白化粧品は有効です。例えばトラネキサム酸が配合されているものなどをお勧めします。他にもビタミンC誘導体も効果が期待できます。

その他の治療法

シミが進行ししっかりと浮き上がってしまったシミであればレーザー治療が効果的です。ただ化粧品によってのメラニンの進行を抑制することは可能です。

肝斑

f:id:suhadabijinn:20180503000107j:plain

女性ホルモンの乱れやストレスによってできるシミです。特に女性ホルモンが乱れる30~40代の女性に多く見られます。頬骨を中心に左右対称にできることが多いです。ちなみに点々やポツポツとできたシミは肝斑ではありません。またホルモンバランスが主なので妊娠中やピルを服用中の人にも見られます。

予防法

規則正しい睡眠や食事を心掛け、ストレスを発散させることが大切です。また女性ホルモンのバランスを意識することも重要です。肝斑は紫外線によって悪化させてしまうこともあるので外出時はUVケアをすることを心掛けると良いです。

出来てしまったシミへのケア方法

美白化粧品でのケアは有効でピーリングと合わせてターンオーバーを促すのも有効です。また成分としてはアルブチンや油溶性甘草エキス、コウジ酸、ハイドロキノンなどが良いとされています。

その他の治療法

レーザー治療は不向きで内服薬が効果的だと言われています。過去の例で言うとトラネキサム酸と呼ばれる内服薬を数ヶ月服薬することで薄くなったという方も多いようです。ただトラネキサム酸は止血剤でもあるので動脈硬化がある方は服用しないほうが良いです。漢方で言えば桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)というものがあるので、それを服用することをお勧めします。

炎症性色素沈着

f:id:suhadabijinn:20180503001811p:plain

ニキビや傷の跡、虫さされなどの間違ったスキンケアによって炎症を起こしシミになったものです。頬から顎にできるニキビは特に炎症性色素沈着を起こしやすいので思春期など特に気を付けた方が良いです。また伝えておきたいのが出来てしまったニキビや炎症を起こしてしまったニキビ、そのニキビ跡は紫外線を浴びることでさらに沈着してしまうケースがあるので外出時はしっかりとケアしてから外出することをお勧めします。炎症性色素沈着は炎症の原因を取り除けばいずれかは消えてしまうものです。ですが日焼けをすると一生の跡に残ってしまう場合もあります。

予防法

炎症を起こすような刺激を控えることが大切です。特に洗顔などゴシゴシと洗っている人は見直すことをお勧めします。

出来てしまったシミへのケア方法

美白化粧品でしっかりとケアをし、外出時は紫外線予防を十分に行うことが大切です。

その他の治療法

レーザー治療は不向きでピーリングが一番即効性があると言われています。ビタミンCイオン導入も効果が期待できます。

脂漏性角化症

f:id:suhadabijinn:20180503002909j:plain

シミが盛り上がりイボのようになっているのが特長です。加齢や紫外線の影響でできたもので表皮が厚くなるなど皮膚構造に変化が生じています。大きさは数ミリから数センチまで大きくなります。

予防法

普段のUVケアを心掛けることが重要です。

出来てしまったシミへのケア方法

皮膚の構造が変質しているためここまで大きくなると化粧品での効果は期待できません。

その他の治療法

レーザー治療や液体窒素による凍結療法が有効です。

雀卵斑

f:id:suhadabijinn:20180503003743j:plain

10代の頃に出来始めることが多く、一般的にはソバカスと呼ばれています。雀卵斑は遺伝によるもので、鼻を中心に小さく茶色いシミが両方に散らばっているのが特長です。

予防法

遺伝なので完全には予防できませんが、紫外線を浴びることによって濃くなってしまう場合があるのでUVケアが必要になってきます。

出来てしまったシミへのケア方法

美白化粧品での効果が期待できそうですが、遺伝的な要素が強いため、そこまで期待できそうにないです。

その他の治療法

レーザー治療が効果的です。ただ再発してしまう可能性もあります。

最後に

シミはシミと思われがちですがシミにも種類があり、その改善方法はそれぞれ多少なりとも違います。シミの改善はできる前に行う予防が一番大切で、楽でもあります。しっかりとした紫外線対策や出来てしまった場合は何のシミが出来てしまったのか知ることが大切です。その参考にしてもらえれば良いなと思います。

紫外線対策によく用いられる美白についての記事です。良かったら合わせてお読みください。


スキンケアランキング