化粧品・コスメでスキンケアをして素肌美人を目指す本格美容ブログ

知っていそうで知らない美容に関することを分かりやすく紹介。化粧品業界にいるからこそ知っている情報を発信中。

MENU

学生にお勧めしたいヘアアイロンを使わずに自然なストレートにする方法とは?

スポンサーリンク

自然なストレートにする方法

学生の頃、私はくせ毛でどうしようもなく悩んでいた時がありました。特に思春期の頃って異性を意識してかワックスを付けてみたり筋トレしたり、服装を変えたりと目に見えない努力や見える努力をしたものです。私も様々な努力をしましたが、特にどうしようも出来なかったのが髪型でした。というのもくせ毛で短いうちは良いんですが伸びてくるとどうしようもなく、ワックスをつけて外に出るとオールバックになっているほどでした。ある程度バイトをしていたりお金に余裕があれば縮毛矯正をすれば良いじゃんと思うかも知れませんが中高生の場合、そんな余裕はありません。そこで今回は学生に向けて髪の毛を自然なストレートにする方法を毛髪科学を元に紹介したいと思います。

f:id:suhadabijinn:20180502160450j:plain

くせ毛

くせ毛については下記の記事でうねりの原因など紹介しています。また、くせ毛の特徴としてまず乾燥毛の割合が多く、乾燥しているというのもうねりを引き起こす1つの原因とも言えます。特に梅雨の時期に多く見られるのが湿気により広がってしまうということです。くせ毛の場合、人より水分量が少ないので人一倍湿気を吸い取ってしまうんです。

アイロン使わずくせ毛を改善する方法

毛髪には水素結合と呼ばれるものが存在します。これは濡れていると切断され、乾くと結合されます。ストレートの人とくせ毛の人とで比較すると、ストレートの人の場合は濡れるとくせが出て、乾くとストレートになります。逆にくせ毛の人は濡れるとストレートになり乾くとくせ毛になります。

f:id:suhadabijinn:20180502161543j:plain

水素結合は乾くと濡れない限り完全に結合されるので、この性質を使い自然なストレートにすることが可能です。

ストレートにする工程

ストレートにする場合は、まずストレートにしたい部分の毛髪を水で濡らします。次にクシでとかし、伸ばしたい方向に髪の毛を少し引っ張った状態で持ち固定します。ドライヤーを7割方乾くまで熱風を当て(一箇所に集中してドライヤーをあてるとダメージにつながるので流しながらあてると良いです)その後、冷風に切り替えて乾かします。こうすることによって毛髪が水素結合により伸びた状態で結合され自然なストレートな状態をキープしてくれます。また熱風に当てる前にアウトバストリートメントのヘアオイルを使うとツヤと潤いをキープさせてくれるので乾燥した状態ではないので多少の湿気であればカバーしてくれます。

お勧めヘアオイル 

(ヒートプロテクトオイル)必要な水分を閉じ込め、ハイダメージによる乾燥から髪を保護し、潤いのあるしっとりしなやかな髪に。ヘアスタイルを理想の形で長く保ちます。ヘアオイルの中で比較的安価な物です。

最後に

くせ毛はセットの仕方によっては活用できますが、くせ毛強かったりCカールでなくS字カールのように両サイドにクネクネとうねっているとセットも比較的難しいです。この方法は難しく感じるかも知れませんが一度やってみると簡単で、そんなに時間を食いません。良かったら一度試してみては如何でしょうか?


スキンケアランキング