化粧品・コスメでスキンケアをして素肌美人を目指す本格美容ブログ

知っていそうで知らない美容に関することを分かりやすく紹介。化粧品業界にいるからこそ知っている情報を発信中。

MENU

化粧品ブランド悠香の現在。茶のしずく石鹸の問題はなぜ起きたのか?

スポンサーリンク

悠香

一時期、全国で販売実績を伸ばし売上で言えば資生堂を超える寸前まできたのが悠香の茶のしずく石鹸です。CMでも放映され、真矢みきの「諦めないで」というアイキャッチが一時期ブームにもなりました。現在はあまり聞かなくなりましたが、お茶石鹸のトラブルがあってからどうなったのか?また当時お茶石鹸はなぜ問題になったのか解説していきたいと思います。

f:id:suhadabijinn:20180503224315j:plain

 悠香とは?

2005年から販売され主力商品である茶のしずくは467万に対し、4650万個販売されました。2010年10月に問題が発覚するまでは、福岡の企業ということもあり、福岡のローカル番組ドゥーモで紹介され地元の人に注目され、口コミで業績を伸ばしていくと2008年にはモンドセレクションで茶のしずくは金賞を受賞しています。その後CM展開をし、徳永玲子真矢みきを起用し、更に業績を伸ばしていました。

モンドセレクションとは

1961年に設立され、世界各国から数多くの消費者製品を他から干渉を受けることなく試験、評価し、優秀な品質のものに特別なラベルを授与してきたのがモンドセレクションです。

トラブルとなった成分

加水分解コムギと呼ばれる小麦由来の成分です。加水分解コムギは化粧品にも配合される成分で入っているから危険という訳ではありません。

加水分解とは?

酵素や塩素を使い、細かくし水に溶けやすい状態にしたものを加水分解と言います。

 悠香の茶のしずくでアレルギー反応が起こった原因

悠香の茶のしずくは弾力のある泡、手を逆さにしても落ちない泡。ここに問題がありました。手を逆さにしても落ちないモチモチっとした泡を作るのにしていたことが加水分解コムギの分子量を50000~60000という高分子のものを使用することにより、あの泡を作り出していました。ちなみに通常は分子量が1000以下のものを使用しています。50000~60000というのは最も危険なゾーンとも化粧品業界では言われています。

f:id:suhadabijinn:20180503235727j:plain

加水分解コムギの特徴

加水分解コムギが入っている化粧品は結構ありますが、特徴として肌に付着すると目や鼻の粘膜に付着しやすくなります。高分子のものになるほど付着率は高くなり、実は洗い残しがあったり、洗ったはずが落ちていなかったということもあります。これが毎日続くことでコムギが体内に侵入し、場合によってはアレルギー反応を引き起こしてしまいます。

茶のしずくを使用したことによるアレルギー反応

顔全体の皮膚障害、全身のかゆみ、呼吸困難、アナフィラキシーショックを起こし、一時意識不明になった方もいます。アレルギー反応を起こすことで今後、パンやパスタといった小麦製品は食べられなくなってしまいます。

事件後の悠香の動き

実は事件前から分子量に関して、いつか問題になるという告知はされていたというのを聞いたことがあります。ですがそれまでトラブルになっていなかったことからスルーしていましたが、いざ問題が発覚すると2ヶ月後に成分を変更し、販売を開始しています。事件が発覚したのが2010年10月で成分変更したのが12月です。また自主回収を始めたのが2011年5月です。ここで感じるのが全てが後手に回り、自主回収に関しては半年後と遅すぎます。また現在も自主回収を行っていますので、もし2010年の12月以前に購入していましたら交換返品の方をお願いします。

 

f:id:suhadabijinn:20180503235806p:plain

 

f:id:suhadabijinn:20180503235758p:plain

最後に

悠香は学生の頃から好きな会社でよく愛用していました。当時はこのようになるとは思ってもなく、就職活動でも受け3次試験で落ちました。今となっては落ちて良かったと思います。現在は分社化し、グループ経営で運営しているみたいですが化粧品業界でのトラブルは信頼が全てで、一度失うと取り戻すのは容易ではありません。また今回のトラブルで今後、厚生労働省消費者庁との連携が重要になってくると思います。


スキンケアランキング