化粧品・コスメでスキンケアをして素肌美人を目指す本格美容ブログ

知っていそうで知らない美容に関することを分かりやすく紹介。化粧品業界にいるからこそ知っている情報を発信中。

MENU

美容成分99.7%配合・SKINVILLホットクレンジングゲル

スポンサーリンク

SKINVILLホットクレンジングジェルN

コスメショップやクレンジングランキングでも高順位をキープしているクレンジング商品。それがSKINVILから発売されるホットクレンジングゲルです。今回は商品の特徴と有効成分とともにお勧めポイントを紹介していきたいと思います。

f:id:suhadabijinn:20170128225831j:plain

有効成分

水溶性プラセンタやグリチルリチン酸、濃グリセリンといったものが配合されています。水溶性プラセンタは美白効果でも有名で、メラニンの生成を抑える働きがあります。グリチルリチン酸は抗炎症作用があるのですがこれにより、ニキビの炎症を抑えたりとニキビの予防にも繋げることができます。濃グリセリンは保湿剤としても有名で、よく炎症を抑えるものは肌がカサつきやすいイメージが物によってはありますが、濃グリセリンが配合されることによって、クレンジングでありながら保湿もしっかりとしてくれる働きも期待できます。(保湿するといっても人によってはアフターケアが必要となる場合があります)

SKINVILLホットクレンジングジェルNの特徴

通常のクレンジングとの違いは、その性能とクレンジング方法です。このクレンジングは通常のクレンジングと違い温感作用があり、肌に塗布しマッサージすることによって熱を帯びてきます。熱を帯びることによって肌に付着しているメイクを浮かせ、更に皮脂汚れを浮かしクレンジングで溶かすことが可能です。なので普段メイクをしない日でも使えるのは勿論ですが、毛穴汚れをスッキリさせたい方にもお勧めな商品となっています。またクレンジングには洗浄力の観点からW洗顔が必要となり、肌にダメージを与えやすい物もありますが、SKINVILLのホットクレンジングジェルNに関してはW洗顔は不要となっています。

毛穴汚れを落とせるポイントと成分

温感作用により皮脂汚れ、メイク汚れを浮かせ落とすと説明しましたが、クレンジングとしてのオイルに加え、もう一つ重要なポイントがあります。それが汚れをしっかりと吸着させ落とすということです。吸着ミネラルと呼ばれるヒドロキアシアバタイトが配合されているのですが、これにより毛穴の奥に潜む汚れを吸着させ一掃することが可能です。勿論潤いを守りながら行えるので、使用したからといって酷い乾燥に悩まされるといったことはありません。

潤いを与える美容成分

保湿成分として濃グリセリンが配合されているとお話しましたが、他にも植物抽出エキスがいくつか配合されています。保湿力の高いウチワサボテン(オプンティアストレプタカンエキス)や肌にハリや潤いを与えるロデイオラ(イワベンケイ根エキス)が配合されています。

香り

柑橘系の香りがし、使用者からの評価は高いです。

テクスチャー

ゲルではありますが、しっかりとした粘度があるので流れ落ちるといったことはなく肌にも塗布しやすく温感作用を楽しみながら肌の皮脂汚れやメイク汚れを落とすことができます。

f:id:suhadabijinn:20170128225951j:plain

 全成分一覧

グリセリン、DPG、イソステアリン酸PEG−20グリセリル、トリイソステアリン酸PEG−20グリセリル、アロエベラ液汁、グリチルレチン酸ステアリル 、(ベヘン酸/エイコサンニ酸)グリセリル、カラメル、アルテロモナス発酵エキス、ヒドロキシアパタイト、イワベンケイ根エキス、オプンティアストレプタカンサエキス、ハマメリス葉エキス、ツボクサエキス、イタドリ根エキス、オウゴン根エキス、ソメイヨシノ葉エキス、ローヤルゼリーエキス、カンゾウ根エキス、チャ葉エキス、ホウセンカエキス、カミツレ花エキス、ローズマリー葉エキス、クリサンテルムインジクムエキス、アーチチョーク葉エキス、レモン果汁、オレンジ果汁、ライム果汁、ナツメ果実エキス、サンザシエキス、リンゴ果実エキス、グレープフルーツ果実エキス、ハチミツ、セラミド3、ヒアルロン酸Na、加水分解コラーゲン、オリーブ果実油、オレンジ油、カルボマー、酢酸トコフェロール、BG、トコフェロール、PG、ペンチレングリコール、水、水酸化Na

夏限定発売クレンジングジェル18SC

f:id:suhadabijinn:20180603143115j:plain

夏限定ではありますが、上記のクレンジングの効果を継承し期間限定でクールクレンジングジェルが発売されています。夏の肌ダメージに着目し、皮脂分泌量が増えることによる肌のベタつきやごわつき毛穴の黒ずみが気になる方に向けた処方となっています。また夏は冬と違ってメイク汚れ以外にも日焼け止めの洗い残しもあります。洗いすぎも良くないですが、しっかりと汗や皮脂、毛穴汚れを落とすことが大切となってきます。

クレンジングジェル18SCの特徴

ホットクレンジングジェルNと違って持続型冷感成分が配合されたことにより温感と冷感、両方を感じることができます。温感マッサージ効果で毛穴汚れを浮かせ取り除き、冷感作用(清涼成分としてメントキシプロパンジオールが配合されています)により肌のキメを整えてくれる働きがあります。なので肌が火照るといったことがなく、ひんやり感が微かに残っているので洗い上がりはさっぱりとしています。

クレンジングジェル18SCに配合される有効成分

ごわつきやベタつき、毛穴汚れの原因を取り除く成分としていくつかのエキスが配合されています。まず紫外線などの影響で古く硬くなった角質をケアする成分として、ヨーグルトエキス(ホエイ)とフルーツAHAミクスチャー(レモン果汁、オレンジ果汁、ライム果汁、ナツメ果実エキス、サンザシエキス、リンゴ果実エキス、グレープフルーツ果実エキス)が配合されています。これにより肌を柔軟にし、優しくほぐし、ごわつきや古い角質汚れを取り除きやすくしてくれます。次に毛穴ケアとしてハマメリス葉エキス、チャ葉エキス、アマチャヅル葉エキスが配合されています。これにより毛穴を引き締めてくれます

日焼け止めもしっかり落とす処方

夏ならではでありますが、日焼け止めもメイク同様にしっかり落とさないと肌トラブルの原因へと繋がってしまいます。クレンジングジェル18SCには日焼け止め汚れを落とすプルーフクレンズ機能があるので毛穴に入り込んだ日焼け止めクリームといったものもしっかり落としてくれます。

テクスチャー

ホットクレンジングジェルNでは透明色でオレンジがかった色味をしていましたが、クレンジングジェル18SCでは無色透明となっています。粘度に関してはホットクレンジングジェルN同様な粘度があります。

香り

ライムシトラスミントの香りがします。ミント系でもあるので香りでも清涼感を楽しむことが出来ます。

全成分一覧

グリセリン、DPG、イソステアリン酸PEG-20グリセリル、トリイソステアリン酸PEG-20グリセリル、水、ライム果汁、オレンジ果汁、レモン果汁、エーデルワイスエキス、ルイボスエキス、ハマメリス葉エキス、ローズマリー葉エキス、マドンナリリー根エキス、アルテロモナス発酵エキス、カミツレ花エキス、チャ葉エキス、メリッサ葉エキス、レモングラス葉/茎エキス、ユーカリ葉エキス、アマチャヅル葉エキス、グレープフルーツ果実エキス、サンザシエキス、ナツメ果実エキス、リンゴ果実エキス、マツリカ花エキス、シャクヤク花エキス、ライム油、ベルガモット果実油、オレンジ油、スペアミント油、ホエイ(牛乳)、ヒドロキシアパタイト、ジグリセリン、(アクリレーツ/アクリル酸アルキル(C10-30))クロスポリマー、メントキシプロパンジオール、水酸化Na、BG

まとめ

クレンジングというとメイク汚れを落とすものといったイメージが強いですが、決してそんなことはありません。皮脂による毛穴汚れや紫外線対策による日焼け止めクリームを落とすためなど使い方は人によってマチマチです。近年でも女性でなくてもメイクをする男性もいますが、メイクといかなくても日焼け止めを塗る男性も増えてきています。皮脂汚れに関しては女性より男性の方が気になる傾向があることも事実なので、実際クレンジングは女性のものというイメージは崩れてきていると思います。イメージに惑わされないように男女問わず気になるのであれば使ってみる、しっかりとケアするといったことを心掛け、商品選びの参考にしてもらえれば良いなと思います。