化粧品・コスメでスキンケアをして素肌美人を目指す本格美容ブログ

知っていそうで知らない美容に関することを分かりやすく紹介。化粧品業界にいるからこそ知っている情報を発信中。

MENU

夏の定番海やプール、キャンプに最適な1日中持つ、濡れても落ちないアイライナー

スポンサーリンク

夏の定番といったら海やキャンプ、プール、花火といったものを想像すると思います。全てではないですが共通することといえば、水に濡れたり汗を掻くといったことが想像できると思います。他のシーズンと違い化粧直しをしづらい状況が続くことが多いので出来れば水に強いコスメを使いたいといった人も多いのではないでしょうか?知らない方の為にも紹介しますが、ここで効果が期待できるのがウォータープルーフ処方のものです。

ウォータープルーフとは?

ウォータープルーフとは一言で言うと防水機能のある成分です。これにより汗や皮脂、水に強いのが特徴で上記で紹介したようなキャンプや海、プールといったレジャーに最適なコスメの成分となっています。

ウォータープルーフの化粧品を使用する際の注意点

落ちないなら良いじゃんと思われがちですが一つお伝えすると、落ちにくいと言うことです。なので日中は良いのですが、帰宅後就寝前はしっかりと化粧落としをすることが大切です。ウォータープルーフの主成分はシリコンと呼ばれるものなのですが、これにより肌に密着し化粧や今回紹介するアイライナーなど落ちにくいようになっています。シリコンについてですが、シャンプーをキッカケに悪いものだと誤解する人が増えていますが、決してそんなことはありません。強いていえば普段の洗浄で落ちないといったことはなく、肌に残り続けるといったこともありません。もし仮に残るのであれば、それは化粧を重ね過ぎている場合や化粧落としの仕方に問題があるといえます。最後にウォータープルーフ処方のコスメに限らず、なぜ就寝前に化粧を落とすことをお勧めしているかと言うと、化粧したコスメも含めて突き詰めていくと、肌にはメイクアップ料、古い角質、皮脂腺から分泌された油脂や脂肪酸、ロウやステロールエステル。他にも汗や埃、ゴミ、肌に棲息する常在菌や微生物などが存在します。これらを肌に付着させた状態で寝てしまうと肌トラブルを起こす原因にも繋がりますし、活性酸素を生む原因にも繋がり、肌のターンオーバーも阻害され老化の原因やシミの原因にも繋がります。イメージとしては想像できると思います。よくこのことに対して皮膚呼吸を肌もしていると表現されることがありますが、実際に皮膚呼吸をすることはありませんが、ものの例えで言い換えて表現されています。ここで注意して欲しいのは特にウォータープルーフに関しては皮膚に密着しやすいものなので使用した際は就寝前にしっかりと落とすことが重要です。

ここまででウォータープルーフ処方がなぜ良いのか、またその注意点について知って頂けたと思います。ここからは私がお勧めしたいアイライナーの紹介をしたいと思います。

ミゼルエディリキッドアイライナーSWP

f:id:suhadabijinn:20180814151448j:plain

発売日2018年3月 1000円(税別)

この夏にお勧めしたい私の一押しのリキッドアイライナーはミゼルより発売されたミゼルエディリキッドアイライナーSWPです。カラーバリエーションはブラックとダークブラウンがあり、掲載している画像の方はダークブラウンになります。

商品の特徴

ウォータープルーフ処方のものでも中には1日キープ出来ないものも存在します。ですがこの商品に関しては1日中キープできるのが特徴で滲みや擦れに強いのが魅力でもあります。なので汗、水、皮脂といったものに対し、しっかりと耐水処方によりブロックし、滲ませません。またよくあることですが、目が痒くなったりし、ふと目を掻いてしまい、化粧が崩れパンダのようになってしまう人がいますが、これに関しては滲まず擦れに強いのでそういった心配がありません。ここで心配されるのが滲まない油性マジックのように皮膚の奥まで浸透し、皮膚に沈着しないかと言うことだと思いますが、染着性のない顔料インクなのでその心配はありません。上記でも紹介しましたが、皮膚に密着しているのはシリコンが配合されている為です。また保湿美容成分もヒアルロン酸パンテノール、リピジュアR(ポリクオタニウム-51)と配合されているので仕上がりは潤っているのが人気のポイントでもあります。

全成分

水、(アクリル酸エチルヘキシル/メタクリル酸メチル)コポリマー、BG、1,2‐ヘキサンジオール、(アクリレーツ/メチルスチレン/スチレン)コポリマーアンモニウムパンテノール、ポリクオタニウム‐51、ヒアルロン酸Na、(アクリレーツ/オクチルアクリルアミド)コポリマー、エタノールベヘネス‐30、EDTA‐2Na、ポリグリセリル‐3ジシロキサンジメチコン、水酸化Na、ポリアスパラギン酸Na、メチルパラベンフェノキシエタノール、プロピルパラベン安息香酸Na、カーボンブラック、酸化鉄 

口コミ

今回も@コスメを参考にこの商品が世間でどう思われているのか見ていきたいと思います。良かったら商品選びの参考にしてください。

f:id:suhadabijinn:20180814153806p:plain

f:id:suhadabijinn:20180814154013p:plain

f:id:suhadabijinn:20180814154019p:plain

f:id:suhadabijinn:20180814154034p:plain

f:id:suhadabijinn:20180814154038p:plain

私は男性なので実際に使用することはありませんが奥さんの話によると、パンダにならなかったり、崩れないところはとてもよく感じたそうです。また筆先が0.1mmと細くラインがぶれることなく描きやすいところが良いなと思ったそうで、このことからラインを描くことや眉毛を描くことが苦手な人にもお勧めできるポイントでもあると思いました。最後にプールや海に入らず汗を掻きにくい体質の人であれば選ぶ商品ではないと言っていました。

最後に

今回はウォータープルーフ配合の化粧品としてアイライナーの紹介をしましたが、ウォータープルーフ処方のものは他にもファンデーションやマスカラなど様々なものが存在します。また夏のシーズンにオススメとして紹介しましたが、特に海やプールに入らない人には関係ないように思われがちですが、これは汗や皮脂といったものにも有効なので、汗をかきやすく化粧が崩れてしまうと言った人にもオススメです。別の観点から女子中学生、高校生に多いですが周りに合わせて使用する方も中にはいますが、しっかりと自分の体質に合わせて選ぶことが大切です。水に濡れる機会がなく、汗をかきにくい体質であれば、その分UV処方がしっかりされているものを選んだ方が良いですし、使用する状況によりコスメを選択することが何より大切です。

良ければ読者登録よろしくお願いします。


スキンケアランキング