化粧品・コスメでスキンケアをして素肌美人を目指す本格美容ブログ

知っていそうで知らない美容に関することを分かりやすく紹介。化粧品業界にいるからこそ知っている情報を発信中。

MENU

無添加処方の日焼け止め岡田UVクリームを試してみた

肌トラブルの原因には紫外線も大きく関わってきています。肌のバリア機能が正常でない人であればちょっとした紫外線でも肌に深刻なダメージを与えてしまう場合もあり、そういった人はしっかりとしたUVケアが人一倍必要になってきます。今回はそんな紫外線対策として無添加処方であり肌が弱い人にも安心して使用していただける設計のUVミルクの紹介をしたいと思います。また紫外線やUVケアについて詳しく知りたい方は以下の記事から確認できるので気になる方はご覧ください。

www.suhada-beauty.jp

 岡田UVミルク

f:id:suhadabijinn:20181014144412j:plain

岡田ミルクUV  5g 500円(税別)

f:id:suhadabijinn:20181014144703j:plain

岡田ミルクUV  50g 3600円(税別)

岡田ミルクのこだわりは何と言っても無添加処方であり、肌への刺激を極力抑えながら使用できるところだと思います。ここからはそんな岡田ミルクの拘りや特徴、成分の紹介をしていきたいと思います。

岡田ミルクUVの特徴

上記でも簡単に触れましたが、無添加処方であり、界面活性剤や香料、着色料、鉱物油、防腐剤、合成安定剤、シリコーンといったものは配合されていません。配合しているのは植物由来の成分と低刺激のものばかりなので敏感肌や赤ちゃんにも使用して頂ける処方となっています。またUVクリームというものはシリコーンや合成ポリマーといったものの洗い残しが怖く、クレンジング剤や石鹸などでしっかりと洗い流さないと肌に残ってしまうのですが、これはそういったものが配合されていないので洗いの腰があるといったことがないのも特徴の1つでもあります。

岡田UVミルクのSPFPAについて

SPFPAの意味について知りたい方は上記に記載した記事で紹介しています。またこの岡田ミルクUVのSPFは20でPAは++です。目安ですがSPF20は紫外線B波を6~7時間、PA++は紫外線A波に対する効果時間を表し、3段階で表示されます。++は屋外での軽いレジャーやスポーツにも適したものと言えます。配合される紫外線対策も紫外線散乱剤のみで吸収剤は配合されていません。

その他の配合される成分

シリカ

肌触りを滑らかにさせ、余分な皮脂や汗などを防いでくれます。

酸化チタン

紫外線遮断剤とも知られ、紫外線B波に効果が期待できます。

トレハロース

保湿効果の高い糖として知られ、角質層の水分保持機能を高める働きが期待できます。

カミツレ花エキス

保湿効果、消炎、収斂、血行促進作用があり、さらにシミ、ソバカスなどの色素沈着を抑える働きも期待できます。

ワサビ根発酵エキス

防腐効果にも優れ保湿効果や肌のキメを整えてくれる働きが期待できます。

酸化亜鉛

紫外線A波を反射する働きが期待できます

オリーブ葉エキス

ポリフェノールの一種で、活性酸素消去作用、ヘキソサミニダーゼ遊離抑制作用、血小板凝集抑制作用があり、抗老化、抗アレルギー、抗炎症素材として知られ、外からの刺激から肌を守り潤いを与えてくれます。

アロエベラ葉エキス

保湿効果、消炎効果に加え肌荒れを防ぐ働きが期待できます。

オリーブ葉発酵エキス

肌に十分な潤いを与えてくれます。

全成分

水、グリセリン、酸化チタン、酸化亜鉛、乳酸桿菌/ワサビ根発酵エキス、乳酸桿菌/オリーブ葉発酵エキス、シリカ、カラギーナン、オリーブ葉エキス、グリチルリチン酸2K、トレハロース、アロエベラ葉エキス(アロエベラエキス-1)、カミツレ花エキス(カミツレエキス)

実際に使用してみた感想

f:id:suhadabijinn:20181014144435j:plain

手に出してみると水溶性の高いミルク状のもので、使用する際は容器の中にステンボールと呼ばれる球が入っているので容器を振ることによって分離した液体を均一にさせ、白いミルク状のものが吐出されます。振らなかった場合は透明の液体のみが吐出されてしまうので使用する際は必ず容器を振ることが大切です。手にとって肌に馴染ませてみると分かりますが、肌への浸透力と伸びが良く、UVカットとしての一部の塗り忘れも起こりにくいのが良い所でもあります。私は脂性肌ですが、シリカが配合されているお陰か肌に塗布しても肌が脂ぎったり重くなったと印象はなかったので、肌質に捉われず使用できることのできるUVミルクだと言えます。

最後に

今回は乳液状のUVミルクの紹介をしました。当ブログでは何度もお伝えしていますが、紫外線というのは暑さとは関係なく夏に比べ冬の方が受けるダメージは大きくなると言われています。特にその影響を受けるのは北海道といった雪国なのですが、それはなぜかというと雪による紫外線の乱反射が激しく夏に比べて紫外線によるダメージが大きくなってしまうからです。紫外線というものは肌に蓄積されて、徐々に表面に現れてくるので気付きにくい面もありますが、四季を問わず対策することが素肌美人を目指す上で重要なことでもあります。この件に関しては肌質に関わらず、重要なことですが特に今回のように肌質に捉われずに使用できるUVケアも一般のUVケアに比べるとまだまだ少ないと思いますので、そういった方の商品選びの参考にしてもらえれば良いなと思います。また今回紹介した岡田ミルクUVは製品とは別にサンプル品の販売もしているので旅行などに行かれる場合は荷物にならないので、そういった出先用として1つ持っておくのも良いかもしれません。


スキンケアランキング

本当の無添加【無添加工房OKADA】ファンサイト参加中